ダイエットには有酸素運動と無酸素運動どっちが良い?

ダイエットには有酸素運動と無酸素運動どっちが良い?

ダイエットといえば食事管理と運動はセットですよね。

 

 

食べるものを我慢すれば体重はどんどん落ちていきますが、それはただたんに飢えているだけであり、水分や食べ物の重さがないので体重が少なくなっているだけです。
身体の中では栄養不足で筋肉を壊してエネルギーを補給している状態ですからいいことは何もありません。このような情報は今はダイエット初心者の方でも大体頭に入っていることでしょう。
またバランスのとれた食事なども十分に気をつけていることでしょうから、ここでは食事管理の話をおいておき、運動の効果を説明していきますね。

 

 

よく言われるのが有酸素運動と無酸素運動ですね。

 

無酸素運動というのは筋トレだったり短距離、激しいスポーツなどのことです。
有酸素運動というのは歩いたり、走ったり、泳いだり、部屋の掃除、買い物、片づけなどの動きもそうですね。
どっちがいいんですか?と聞かれたらまあどっちもですと答えます。

 

 

どっちかだけで運動するより、どちらもそれぞれにメリットがあるので取り入れた方がいいからです。
筋トレなどはムキムキに鍛える必要はないにしても、たるみ防止であったり、基礎代謝を上げる目的で積極的に女性も取り入れたほうがいいです。
女性らしい美しい体つきはしっかり筋肉のあることが大事なのです。

 

次に、有酸素運動です。

 

これはゆっくりと長く動くことで脂肪が燃えますので、動き自体はきつくない程度である程度時間をかけることが大事ですね。
いつでもすぐに車で移動という方は買い物ぐらいは歩いていくかと少し取り入れるだけでも消費カロリーを増やせます。
さて、有酸素運動でよく聞かれるのは食前(空腹時)と食後とどちらにするのが効率が良いのかということです。

 

有酸素運動は最初は糖質が使われて、その後脂肪が燃える。

 

 

それを思えば、空腹時に運動した方が使われる糖質が少ないのですぐに脂肪が燃えて痩せやすいとも言えます。
実際そうなんですけど、でも空腹時に試しに少し運動してみてください。
きついでしょ?すぐに動けない、苦しいってなりますよね。

 

だったら、食後1時間ぐらいから運動をした方が元気に歩ける、走れるのでいい運動ができます。

 

空腹時だったら30分できつくて運動は終了した、でも食後1時間の時はエネルギーが十分あるので1時間半運動できた!・・・となりますと、消費カロリー的には後者の方が多くなるでしょうし、何より気分良く運動できると「また次も頑張ろう」と精神的にも余力が残ります。
苦しい思いばかりの運動ですと「きついからやりたくない」となってしまいます。

 

 

ですから効率良く体脂肪を燃やすことよりも、楽しく続けれて運動習慣を身につかせるということを優先したいので、私個人的には食後の体調がいい時に運動するのがおすすめです。
ダイエットは辛いものではなく楽しいもの、そういう風に思えるのが一番ですね。
きれいなスタイル目指して頑張りましょう。